MENU

これからますます増えるとされて、若くてもなるパーキンソン病とは

日本はどんどん高齢化社会が進んでいます。進むにつれて、高齢に伴う様々な病気が増えています。その一つがパーキンソン病です。
パーキンソン病とは、脳の中の神経細胞に変性や異常が起きる病気で、現在のところ、パーキンソン病を直す薬はないとされています。

 

今、日本で約10万人以上ものパーキンソン病の患者がいるとされますが、年々ものすごく増えてきて、20万人近くいるのではという意見まであります。また、年寄だけではなくて40代からパーキンソン病にかかる人がいます。若年性パーキンソン病と言われます。
多くは、50~60代にかけてなります。

 

次に、パーキンソン病の特徴として、何もしていないのにいきなり手足が震えて、日常生活に支障をきたします。一秒間に5回前後の震えがあるとされます。手足だけではなくて、唇や下顎まで一緒に震える人もいます。
また筋肉が固まって身体のバランスが悪くなって、背中をまっすぐに伸ばすことができずに常に猫背でノロノロとしか歩けず転びやくなります。とても危険です。
しまいには、歩行困難になって寝たきりになったりします。

 

パーキンソン病になると、自律神経そのものが乱れるために自律神経失調症、気分の落ち込みなど鬱的な症状、目眩や便秘、立ちくらみ、頭痛、味覚が感じなくなったりいろいろあって厄介と言えます。他には唇が震えることでよだれが出たり、自律神経の乱れによって血液の流れが悪くなって、冷え性や顔全体が脂ぎるということまであります。

 

パーキンソン病か否かは、血液検査、X線検査、頭部MRI検査やCT検査で知ることが出来ます。

 

パーキンソン病の治療の基本は薬物療法です。主な治療薬として、ドーパミンの前駆物質である「L-ドバ」を用いてドーパミンを補充します。その他にドバミン受容体刺激薬、ドバミン放出促進薬、ノルアドレナリン補充薬、坑コリン薬を用途に応じて組み合わせます。

 

薬物療法で効果がない場合は、脳の手術を行います。